はじめに

Lockedとは

Lockedとは、ユーザーに余計な手間を一切かけない、革新的な2段階認証の方法を提供するAPIです。
セキュリティとトレードオフになりがちなUXを悪化させない形で、ユーザーのアカウントを保全します。

基本的な組み込みの考え方

Lockedは、Ruby等のサーバーサイドSDK及びJavascript SDKを通じて、エンドユーザーに関する様々なメタデータを受け取ります。

そして、エンドユーザーの認証のタイミングで、それらメタデータを元にした過去のご利用状況と比較分析し、不正ログインかどうかを判定します。

判定結果を利用するために、Lockedからのレスポンスごとに処理を実装して頂く必要があります。下図のそれぞれのパターンの参考図となります。

ログインフロー図

◎ 無償のテクニカルサポート

Lockedをシステムに組み込む具体的な実装についても、無償でサポートを提供しております。

認証は各お客様が独自の仕様で実装しているパターンが多いですが、独自の知見を持って踏み込んだ実装のレビューやアドバイスを行わせて頂きます。

ドキュメントに記載されていない点も含め、お気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。